RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



otowaya style

okofke

sentence + photograph

 

リクルートCM考
http://youtu.be/HMvNFqBOsdQ

こういうCMがウケるのだとしたら、それは弱さの裏付けでしかないような。

逆説的に、これは話題の小保方博士が世紀の大発見をした際に、その研究内容よりもプライベートな側面、いわゆる「等身大の小保方さん」ばかりが報道され、孤高の科学者ではなく、身近な女子力とやらが高くてかわいい女性として感じられるところまでわざわざ引き下げて無理やり「共感」を得ようとする行為につながっているのではないか。

「人の違いを認め合おう」

と言いながら、結局は

「みんないっしょでしょ」

というおかしな平等意識に陥っているわけだ。

もちろん人生に決まった道があるわけがない。そんなことはあたり前の話だ。それをわざわざ強調する必要性がわからない。

しかも、このCMではマラソンコースを離れてそれぞれの人生を歩む例として「結婚」やら「出産」みたいなことが出てくる。

マラソンを人生に例えるとして、そのコースを外れて自由を得た先にあるのが「結婚」?「出産」?

映像の作り込みに騙されそうになるが、実は矛盾している。

「人生はマラソンだ」とあえて仮定するならば、それらは「給水所」「補給ポイント」みたいなものではないのか。

結婚も出産も人生に必要不可欠な栄養やエネルギーかといえばそうではないだろう。むしろ、走っている状況によってはエネルギーとして過剰だったり、タイミングが悪かったりしてあえて補給しないこともあるだろう。
また、手を伸ばしたはいいがうまく取れなかったことだってあるだろう。

そういう人の生き方にとって極めてセンシティブな部分を、これが人間の当たり前の幸せなんだ、と押し付けるようなやり方は、「人生はマラソンじゃない、道を外れてもいいじゃないか」と言いながら、逆に「幸せな生き方」を押し付けられているようで違和感が拭いきれない。

もちろん、リクルートからすれば、今の人生=仕事に疑問を持つ人が多ければ多いほど商売になるわけだから、人を迷わせてなんぼのCMを作ることには合理性はあるわけだが。

ちなみに、このCMでは真剣なマラソンがモチーフになっているが、本来は「人生は市民マラソンである」のほうがまだしっくり来るね。

時に歩いても構わない、でも制限時間はちゃんとあるからあんまりのんびりしていては間に合わない。

が、ひとつだけ言えること。

それは、オリンピックのフルマラソンで優勝することは、本当に素晴らしいということだ。
| 2014.02.09 Sunday | 音羽屋的言葉 | comments(0) |
新宿駅構内


東京の広告はおもしろい。

その理由とは。

訴求したい対象、すなわちそれらを見る人たちが歩いていることが大きいだろう。

地方の国道沿いの広告の醜悪なことと言ったらない。時速60kmで走り抜ける車の中から見られることを前提にしているから、愚かなまでにまっすぐで、奥行きがない。それはそれで文化的な視点で観察するとおもしろいのだけど。

物事は相対的だから、東京の広告がクールだからといって、地方の広告がダメなのかといえばそう単純ではない。ユニクロ、ニトリ、カメラのキタムラ、吉野屋、ダイソー、丸亀製麺、そんな日本中どこでも見られる組み合わせの中で、いかに輝けるかを競うのはそれなりに骨が折れることだろう。徒労に終わることも多いだろうが。
| 2013.11.26 Tuesday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
新宿小田急前


新宿小田急前の広告群はおもしろい。

人間の欲が美しく飾られている様がいい。
| 2013.11.26 Tuesday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
カメラ目線


1日中不安定な天気だった日の夕方。

年に何回かあるような不思議な光彩に包まれていたので、これはカメラで撮ったら絶対おもしろいと思って撮影したらこうなった。

だいたい予想通り。だいぶ「カメラ目線」が板に付いてきたのかな。
| 2013.11.25 Monday | 音羽屋的風景 | comments(0) |
三宮の夜




| 2013.11.22 Friday | - | comments(0) |
まだ渚まで。

942931_468380566571518_1041774193_n.jpg

海に入るのはまだ怖い。

オーバー気味に激写。
| 2013.05.21 Tuesday | 音羽屋的風景 | comments(0) |
夜明けの幹線道路
 602793_419302318146010_1652097610_n.jpg

薄暗い、薄明るい朝の空気の中を、ライトをつけた車が走っていた。

ライトがいるような、いらないような、どっちつかずな時間帯。

昼と夜の境界を通り過ぎた。

| 2013.01.24 Thursday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
我が天一


ひさしぶりの天一である。

オレの喰い方は以下のとおり。

・並こってりスープ大
・ネギ特大
・ラーメンだれレンゲ3分の2杯
・ニンニク薬味スプーン半分
・胡椒多め

このスタイルを学生時代以来、頑なに守っている。時々コーンを入れるのもアリ。

定食系は、餃子か唐揚げ。チャーハンは多過ぎる、豚キムチはそのものがおかずとして成立し過ぎている感が強くて避けている。

岐阜の天一は比較的悪くないと思う。滋賀の方には悪いが、正直彦根店や八日市店は歴史が長いからか独自色が強過ぎて、いまいち口に合わなかった。

が、岐阜店の不満を挙げるならば、注文時に「ネギ特大」と告げても特大どころか大にもなっていないこと。供されてから別盛で追加して、それでも足らないことなんてザラにある。

今は亡き京都・今出川店なら、挑戦的なまでにてんこ盛り(麺と同量かそれ以上の量)のネギが載せられ、思わず厨房の店員と目が合って互いにニヤリとするくらいの遊びがあったが、そういう高尚な天一体験もいまや昔である。
| 2013.01.23 Wednesday | 音羽屋的食事 | comments(0) |
涸沢繚乱
IMG_2249.jpg

涸沢カールから見上げた白出のコルと涸沢岳。

朝のコントラストの強い光の中、それを思い切って強調してみた。写真の雰囲気的に快晴よりもこんな感じでガスがかかってたほうが結果的によかったのかな、と思った。
| 2012.10.17 Wednesday | 音羽屋的風景 | comments(0) |
屏風のコルから見た紅葉と穂高連峰
IMG_2283.jpg

ガスがかかっていなかったら最高だったと思う。あとほんのちょっと・・・だったのだが・・・残念。

三脚でガチっと固定して、かなり絞り上げて撮った1枚(f16くらいだったかな?)。

そこまで絞ると手前の紅葉から遠くの穂高までクッキリ。ボケ味がどうのこうのとうるさい昨今、パンフォーカスがとても気持ちいい。
| 2012.10.15 Monday | 音羽屋的風景 | comments(0) |
 | 1 / 108 PAGES | >>

RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
音羽屋的。マップ
α
GoogleAnalytics
音羽屋的。ワード
音羽屋 スナップ 写真 日常 非日常 下灘 予讃線 JR 鉄道 徳山 男 街角 一口 GR GRD GR21 コンタックス ライカ リコー こども グルメ 食事 山岳 北アルプス 東京 吉祥寺 新宿 歌舞伎町 京都 言葉 
technorati
テクノラティお気に入りに追加する
(C) 2014 無料ブログ JUGEM Some Rights Reserved.