RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



otowaya style

okofke

sentence + photograph

 

新宿駅構内


東京の広告はおもしろい。

その理由とは。

訴求したい対象、すなわちそれらを見る人たちが歩いていることが大きいだろう。

地方の国道沿いの広告の醜悪なことと言ったらない。時速60kmで走り抜ける車の中から見られることを前提にしているから、愚かなまでにまっすぐで、奥行きがない。それはそれで文化的な視点で観察するとおもしろいのだけど。

物事は相対的だから、東京の広告がクールだからといって、地方の広告がダメなのかといえばそう単純ではない。ユニクロ、ニトリ、カメラのキタムラ、吉野屋、ダイソー、丸亀製麺、そんな日本中どこでも見られる組み合わせの中で、いかに輝けるかを競うのはそれなりに骨が折れることだろう。徒労に終わることも多いだろうが。
| 2013.11.26 Tuesday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
新宿小田急前


新宿小田急前の広告群はおもしろい。

人間の欲が美しく飾られている様がいい。
| 2013.11.26 Tuesday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
夜明けの幹線道路
 602793_419302318146010_1652097610_n.jpg

薄暗い、薄明るい朝の空気の中を、ライトをつけた車が走っていた。

ライトがいるような、いらないような、どっちつかずな時間帯。

昼と夜の境界を通り過ぎた。

| 2013.01.24 Thursday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
息遣いの夕焼け
paper009.jpg

ただの夕焼けの写真はつまらない、と思う。いくら美しくても。 

そこに人工的なものが入るといい、と思う。どんなものであっても。 

人工的なものがあるということはそこに人がいることの証拠であって、だから人の息遣いが感じられて、撮った自分以外の誰かもきっとどこかで同じ夕焼けを見ていたはず、という物語を勝手に作ることができる。

それがいい。 

 <CONTAX・T3>
| 2012.08.08 Wednesday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
遥かなる今出川
paper006.jpg

多感な時期を過ごした場所は相変わらずのたたずまいで、引き続き多感であることを許してもらえるような空気が漂っていた。

JUGEMテーマ:写真
| 2012.08.07 Tuesday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
最近、ただボーっとしている人を見かけなくなった。
 img198.jpg

ちょっと前までは、煙草を吸わない人が街角に立っていると、「なにもせずにただ立っている人」になってしまうのを気の毒に思うことがあった。

しかし、最近は携帯電話のおかげで、「携帯をいじっている人」という肩書きが誰にでももれなくついてくる。これで助けられた人は多いのではないだろうか。

こういうのを「どうでもいい話」と言います。
| 2012.02.09 Thursday | 音羽屋的街角 | comments(4) |
モノクローム・メリーゴーランド
 img228.jpg

きらびやかながら同じところをグルグル回るメリーゴーランドに、最初に悲しみを見い出したのは誰だったのでしょう。
| 2012.02.08 Wednesday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
鴨川の思い出
 コピー (5) 〜 hasse023.jpg

特に思い出はない。一部で有名らしい等間隔カップルも、特にやろうとは思わなかった。

三条大橋の下で一泊したくらいかな、覚えているのは。
| 2012.01.30 Monday | 音羽屋的街角 | comments(0) |
自転車、としかいえへん。
 コピー (5) 〜 hasse025.jpg

さすがにこれにこじつけてなにかしゃべるのは難しいな。

いや、単に雰囲気ある感じになったなぁと思って。
| 2012.01.25 Wednesday | 音羽屋的街角 | comments(1) |
我が吉野家
 コピー (13) 〜 hasse031.jpg

いまや遠い昔、会社勤めの頃、普段より1本早い電車に間に合うと、吉野家の朝定食を食べる時間ができた。間に合わないときは食べないか、コンビニのサンドイッチ。その差は歴然としていた。

いまやほとんど吉野家に行くことはなくなってしまったが、街角でオレンジ色の看板を見つけると、その頃の

「吉野家でメシを済ませられる自由」


「電車を1本逃すと吉野家が食べられない窮屈さ」

がないまぜになったような感情を思い出す。そのどちらも、吉野家をおいしく感じさせるスパイスだったと思うのである。
| 2012.01.24 Tuesday | 音羽屋的街角 | comments(1) |
 | 1 / 39 PAGES | >>

RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
音羽屋的。マップ
α
GoogleAnalytics
音羽屋的。ワード
音羽屋 スナップ 写真 日常 非日常 下灘 予讃線 JR 鉄道 徳山 男 街角 一口 GR GRD GR21 コンタックス ライカ リコー こども グルメ 食事 山岳 北アルプス 東京 吉祥寺 新宿 歌舞伎町 京都 言葉 
technorati
テクノラティお気に入りに追加する
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.