RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



otowaya style

okofke

sentence + photograph

 

<< 安心感 | main | 自転車、としかいえへん。 >>
我が吉野家
 コピー (13) 〜 hasse031.jpg

いまや遠い昔、会社勤めの頃、普段より1本早い電車に間に合うと、吉野家の朝定食を食べる時間ができた。間に合わないときは食べないか、コンビニのサンドイッチ。その差は歴然としていた。

いまやほとんど吉野家に行くことはなくなってしまったが、街角でオレンジ色の看板を見つけると、その頃の

「吉野家でメシを済ませられる自由」


「電車を1本逃すと吉野家が食べられない窮屈さ」

がないまぜになったような感情を思い出す。そのどちらも、吉野家をおいしく感じさせるスパイスだったと思うのである。
| 2012.01.24 Tuesday | 音羽屋的街角 | comments(1) |
COMMENT
会社につとめてたんだ。
| 天一 |













RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
音羽屋的。マップ
α
GoogleAnalytics
音羽屋的。ワード
音羽屋 スナップ 写真 日常 非日常 下灘 予讃線 JR 鉄道 徳山 男 街角 一口 GR GRD GR21 コンタックス ライカ リコー こども グルメ 食事 山岳 北アルプス 東京 吉祥寺 新宿 歌舞伎町 京都 言葉 
technorati
テクノラティお気に入りに追加する
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.