RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



otowaya style

okofke

sentence + photograph

 

<< 新宿駅構内 | main |
リクルートCM考
http://youtu.be/HMvNFqBOsdQ

こういうCMがウケるのだとしたら、それは弱さの裏付けでしかないような。

逆説的に、これは話題の小保方博士が世紀の大発見をした際に、その研究内容よりもプライベートな側面、いわゆる「等身大の小保方さん」ばかりが報道され、孤高の科学者ではなく、身近な女子力とやらが高くてかわいい女性として感じられるところまでわざわざ引き下げて無理やり「共感」を得ようとする行為につながっているのではないか。

「人の違いを認め合おう」

と言いながら、結局は

「みんないっしょでしょ」

というおかしな平等意識に陥っているわけだ。

もちろん人生に決まった道があるわけがない。そんなことはあたり前の話だ。それをわざわざ強調する必要性がわからない。

しかも、このCMではマラソンコースを離れてそれぞれの人生を歩む例として「結婚」やら「出産」みたいなことが出てくる。

マラソンを人生に例えるとして、そのコースを外れて自由を得た先にあるのが「結婚」?「出産」?

映像の作り込みに騙されそうになるが、実は矛盾している。

「人生はマラソンだ」とあえて仮定するならば、それらは「給水所」「補給ポイント」みたいなものではないのか。

結婚も出産も人生に必要不可欠な栄養やエネルギーかといえばそうではないだろう。むしろ、走っている状況によってはエネルギーとして過剰だったり、タイミングが悪かったりしてあえて補給しないこともあるだろう。
また、手を伸ばしたはいいがうまく取れなかったことだってあるだろう。

そういう人の生き方にとって極めてセンシティブな部分を、これが人間の当たり前の幸せなんだ、と押し付けるようなやり方は、「人生はマラソンじゃない、道を外れてもいいじゃないか」と言いながら、逆に「幸せな生き方」を押し付けられているようで違和感が拭いきれない。

もちろん、リクルートからすれば、今の人生=仕事に疑問を持つ人が多ければ多いほど商売になるわけだから、人を迷わせてなんぼのCMを作ることには合理性はあるわけだが。

ちなみに、このCMでは真剣なマラソンがモチーフになっているが、本来は「人生は市民マラソンである」のほうがまだしっくり来るね。

時に歩いても構わない、でも制限時間はちゃんとあるからあんまりのんびりしていては間に合わない。

が、ひとつだけ言えること。

それは、オリンピックのフルマラソンで優勝することは、本当に素晴らしいということだ。
| 2014.02.09 Sunday | 音羽屋的言葉 | comments(0) |
COMMENT













RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
音羽屋的。マップ
α
GoogleAnalytics
音羽屋的。ワード
音羽屋 スナップ 写真 日常 非日常 下灘 予讃線 JR 鉄道 徳山 男 街角 一口 GR GRD GR21 コンタックス ライカ リコー こども グルメ 食事 山岳 北アルプス 東京 吉祥寺 新宿 歌舞伎町 京都 言葉 
technorati
テクノラティお気に入りに追加する
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.