RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



otowaya style

okofke

sentence + photograph

 

<< 待ち人を見届けたい。 | main | 鳩を考える。 >>
くるりライブ地獄の団体戦報告(愛知芸術劇場・2010.5.31)
はと

愛知芸術劇場であったくるりのライブ「地獄の団体戦」。

けっこう長々とファンをやっていた割には初めてのライブ参戦だったのだが、いきなり濃いやつにあたってしまった気がする。

なんといってもシングルB面と新曲のオンパレード。
くるりのライブというとなんとなくみんな立て乗りでダイブやっちゃうくらいのイメージ(のはず)なんだけど、お客さんも騒ぐというよりはじっくりと聞く感じで、見事岸田ワールドに当たっちゃってたね。

オープニングは「東京レレレのレ」。桜吹雪の舞う中の軽快なノリで始まった今回のライブ、「麦茶」「目玉のおやじ」「温泉」「魔法のじゅうたん」と本邦初公開の新曲が続き、ファンとしてはいけないのかもしれないけれど新曲はCD出てからじっくり聞くからそれそろそろ知ったやつを聞かせてくれと思ってたころに岸田が一言「今日は東京もばらの花もやりません」。

覚悟決まりました。

その後は怒涛のB面特集。アルバム曲ならまだしもそこにほとんど入っていないシングルB面はさすがにようわからん。イントロでぱっとわかったのは「すけべな女の子」くらい。いや、聞いたことあるのはあったけどタイトルまで出てこなかった。

しかしなんでこんなハードロックだったりおかしな曲を作る人が「春風」とか「男の子と女の子」とかの美しすぎるバラードまで作っちゃえるんだろうとしみじみ感じてしまった。すげぇなぁ。

とにかくこれから今回のツアーに行く人は、「僕の住んでいた街」は絶対買って聞いておかないとダメ。聞いときゃよかった。まさかシングルゼロとは思わんし。聞いときゃもっと楽しめたよなぁと少しばかり心を残してしまったね。でもそれが次もまた行こうというモチベーションになったのは間違いない。

アンコールは「かごの中のジョニー」ともう1個B面。なんやったかな?演奏前に佐藤からのツアーグッズ紹介もあったりで、まったりとしたくるりワールドを最後まで貫き通してくれたライブでありました。いまから思えばシングルはやらなくて正解だったやろうなぁ。あそこで客の秋波に負けてやっちゃったらきっと少し世界は崩れてたかも。

なんにしても楽しかった。いっしょにいった5歳のナルタは「春風」がなくて不満をこぼしていたがまあええやろう。

ちなみに写真はくるりゆかりの京都で撮影したハト。意外とくるりに合っているかも・・・。

twitter
| 2010.06.01 Tuesday | 音羽屋的言葉 | comments(0) |
COMMENT













RSS1.0 | Atom0.3
このページの先頭へ
音羽屋的。マップ
α
GoogleAnalytics
音羽屋的。ワード
音羽屋 スナップ 写真 日常 非日常 下灘 予讃線 JR 鉄道 徳山 男 街角 一口 GR GRD GR21 コンタックス ライカ リコー こども グルメ 食事 山岳 北アルプス 東京 吉祥寺 新宿 歌舞伎町 京都 言葉 
technorati
テクノラティお気に入りに追加する
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.